×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Ludwig's Information

2004年10月までの10年間、キューバのトップグループ『バンボレオ』のドラマーとして活躍してしていた「ルドゥウィグ・ヌニェス」が、2006年3月より日本に活動拠点を移し活動しています。
ビザ滞在許可申請手続きも終わり、2006年6月より本格的に活動を開始しました!!

■■■ ブログ: http://myhome.cururu.jp/ludwigrie/blog もできました!■■■

■■■ 太鼓レッスンBBS: http://8823.teacup.com/ludwig/bbs New!■■■

■■■ MIXI 『ルーウィー』 『ルドゥウィグ』 ■■■


 

プロフィール 日本での主な活動 ライブ・イベント情報 レッスン情報 お問い合わせ
Ludwig Nunez Pastoriza
(ルドゥウィグ ヌニエス パストリサ)

1975.4.17 ラスツナス生まれ 
8ヵ月後、セントロハバナに移り、ハバナ育ち。
ラスツナス出身の母とハバナ出身の父の長男として生まれる。

14歳よりサウンドエンジニアでありパーカッショニストでもある父のバンドでハバナで活動を始め、17歳でベトナムに初海外遠征。

ロックグループで4ヶ月の公演後、ハバナに戻りCARLOS MANUELの結成に参加。
その後TANYA・CONNECTION SALSERAに所属。
ハバナでの演奏がTV放映された際、偶然TVを見ていたキューバの一流バンドBamboreoのディレクトールであるRAZARO VARDESの目に留まり、1995年Bamboreoにドラマーとして加入。
以降、2004年10月まで約10年間、主要メンバーとして、ヨーロッパ・アメリカ・中南米など世界各国のツアーに参加。

Bamboreo在籍中には、DLGのNYレコーディング、シエラマエストラ・ロロ・マルチネスなどの大物グルーポのレコーディングに参加。
また、『1816』ファッションショーのモデルとしてスカウトされ活動。

2004年Bamboreo脱退後、EL clan(アイドルグループ)に1年在籍。
彼の加入によりバンドのテクニックが飛躍的に向上との評判を得る。

timba.comの2005年の『ベストドラマー10位』